So-net無料ブログ作成
検索選択

夏文庫2 [本]

こんばんは、cherryです。

前回のブログに続いて、またまた夏文庫の紹介です。





君について行こう〈下〉女房と宇宙飛行士たち (講談社プラスアルファ文庫)

君について行こう〈下〉女房と宇宙飛行士たち (講談社プラスアルファ文庫)

  • 作者: 向井 万起男
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: 文庫



続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ (講談社プラスアルファ文庫)

続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ (講談社プラスアルファ文庫)

  • 作者: 向井 万起男
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 文庫



最近、若田氏の宇宙ニュースも頻繁に見られますが、日本人女性初の宇宙飛行士・向井千秋氏の旦那様であり、慶応大・病理医の向井万起男氏の本です。宇宙の知識だけではなく、一人の人間が夢を追い求めて頑張る姿勢と道筋、さらに、夫婦愛を感じる本です。


謎の1セント硬貨 真実は細部に宿るinUSA

謎の1セント硬貨 真実は細部に宿るinUSA

  • 作者: 向井 万起男
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/02/20
  • メディア: 単行本



アメリカの社会事情や、日常生活の知識や疑問、発見がある本です。


技術系ベンチャー企業のマーケティング行動分析

技術系ベンチャー企業のマーケティング行動分析

  • 作者: 目黒 良門
  • 出版社/メーカー: 学文社
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 単行本



技術者出身の経営者にとってマーケティングの基礎をロジカルに証明している1冊です。

夏文庫、まだ紹介したい本があるのですが、今回はここまで。
夏のわずかな休暇に読んで見る事をおススメします。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

夏文庫 [本]

こんばんは、cherryです。
先日、ふと思い出しました。以前、やっていたブログでは、本を毎回紹介していたなぁと。
そこで、夏、夏季休暇を取るシーズン、ちょっと自分が読んだ本をいくつか紹介しようかと思いました。

小説 ザ・外資 (光文社文庫)

小説 ザ・外資 (光文社文庫)



外資系金融会社の裏側が覗ける本です。特に、外資系の会社を緻密に取材したのでは?っと思わせる内容です。



懲戒解雇 (徳間文庫)

懲戒解雇 (徳間文庫)

  • 作者: 高杉 良
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2008/05/02
  • メディア: 文庫


正義とは?自分に真摯である事の難しさ、組織で正論を貫く主人公の姿勢へ共感しつつも、その行動の難しさを実感させます。

孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)

孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 大鐘 稔彦
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 文庫


医療技術者の自分からみて、主人公の医療人・医師としての姿勢は素晴らしいと思います。
5巻まであるのですが、直ぐに読み終えてしまいます。

こちら救命センター―病棟こぼれ話 (集英社文庫)

こちら救命センター―病棟こぼれ話 (集英社文庫)

  • 作者: 浜辺 祐一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1992/08
  • メディア: 文庫



救命センターからの手紙―ドクター・ファイルから (集英社文庫)

救命センターからの手紙―ドクター・ファイルから (集英社文庫)

  • 作者: 浜辺 祐一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 文庫



救命センター当直日誌 (集英社文庫)

救命センター当直日誌 (集英社文庫)

  • 作者: 浜辺 祐一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 文庫



救命センターからの手紙、再び―ドクター・ファイル〈3〉 (ドクター・ファイル (3))

救命センターからの手紙、再び―ドクター・ファイル〈3〉 (ドクター・ファイル (3))

  • 作者: 浜辺 祐一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 単行本



救命センター部長ファイル (集英社文庫)

救命センター部長ファイル (集英社文庫)

  • 作者: 浜辺 祐一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 文庫



著者である救命医師・浜辺祐一氏の本は、医療の現場をリアルに描いています。また、医療問題についても考えさせられる本です。
自分が病院実習をしていた頃に出版された本であるので、かなり愛着があります。




YS‐11、走る!―たった一人で世界と闘う技術者魂

YS‐11、走る!―たった一人で世界と闘う技術者魂

  • 作者: 白井 健次
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本


これ、前回のブログでも紹介したgeorgeの生みの親の本です。ys-11が生まれるまでの過程を知る事ができます。熱き、日本の技術者魂を感じてください。

今、紹介した本は、自分が読んだ極一部の本です。
これを機に、少しずつ読んだ本を紹介していきますので、気になったら読んでみてくださいね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: